【少年ジャンプを読む感覚で勉強できるマンガを紹介しよう】 をコンセプトに歴史・経済・お酒など勉強できて為になるオススメのマンガを紹介していきます。






スポンサードリンク



最新記事



カテゴリ



プロフィール

BK

Author:BK
「マンガで勉強しよう!~学べるおすすめマンガ紹介ブログ~
」へようこそ
管理人のBKと申します。
趣味:マンガとスポーツジム通い
好きなマンガ:封神演技
職業:新米インターネットマーケター
好きあらば少年ジャンプなどをみてしまうマンガ好きです。



リンク

このブログをリンクに追加する



リンク集2



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



検索フォーム



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マンガ 行動経済学入門
みなさん

漫画で勉強しよう!

今回は経済人ではなく、人間の選択や行動を対象にした経済学

「マンガ行動経済学入門」をご紹介します。

行動経済学入門 漫画.jpg

マンガ 行動経済学入門


まず行動経済学とは何だろうとWikipedeaで調べてみました。


「行動経済学(こうどうけいざいがく,英: Behavioral economics)、
行動ファイナンス(英: behavioral finance)とは、
典型的な経済学のように経済人を前提とするのではなく、
実際の人間による実験やその観察を重視し、
人間がどのように選択・行動し、
その結果どうなるかを究明することを目的とした経済学の総称である。
人間の認知の仕方や心理的バイアスがどの様に経済行動における意思決定や
市場価格に影響を与えるかを研究する分野である。
基本的には人間の合理性を認めつつも、合理性の欠陥から新たなモデルを
新古典派経済学からヒントを得て作成している。」

Wikipedeaより

と書かれています。

これだけ見るとよく分かりませんよねあせあせ(飛び散る汗)


私がこの本を読んだ感想からいうと


「なぜ人は締め切りぎりぎりにならないと行動ができないのか?」

「なぜ人は3割引きという言葉で買ってしまうのか?」

など人が行動を起こすことにおいてどんな心理が働いているのか。

普段なんとなく・・・って思って行動したことには実はちゃんとした理由があるんだよ!

って教えてくれた本でした。


細かい説明は活字が入ってきますが、それを飛ばして漫画だけよんでも

ある程度の理解はできます。

なにより、漫画のストーリーが面白いわーい(嬉しい顔)

独立した経営コンサルタントと、

ひょんな事からそこでアルバイトする事になった女子大生が

バイトを通じて学んでいくストーリーなんですが、

まあラブコメです。

ラブコメが好きな人には(私は特に好きなので)お勧めです(笑)

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://manga485.blog.fc2.com/tb.php/22-c8eef1bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。